Topへ戻る

鹿児島県学術共同リポジトリ運用指針

平成23年 9月26日
大学地域コンソーシアム鹿児島
地域共同リポジトリ事業部会

(趣旨)

第1

この指針は、鹿児島県学術共同リポジトリ(以下「共同リポジトリ」という。)に関し必要な事項を定める。

(定義)

第2

この指針において「共同リポジトリ」とは、別表に掲げる鹿児島県内の高等教育機関(以下「各機関」という。)において作成された教育研究の成果物(以下「成果物」という。)を電子的な形態によって蓄積・保存し、国内外に無償で提供することにより、教育研究活動の発展に寄与するとともに、社会に対する説明責任を果たすためのシステムをいう。

(英語名称及び愛称)

第3

共同リポジトリの英語名称は Kagoshima Academic Repository Network 、愛称はKARN とする。

(管理運用)

第4

共同リポジトリは、鹿児島大学に設置する共同リポジトリシステム上で運用し、システム管理は鹿児島大学附属図書館において行うものとする。

2 管理運用責任者は、事業部会長とする。

(登録対象者)

第5

共同リポジトリに成果物を登録できる者は、次に掲げるものとする。

 (1) 各機関に在籍し、又は在籍したことがある教職員
 (2) 各機関に在籍し、又は在籍したことがある大学院生及び研究生
 (3) その他各機関が認めた者

(登録可能な成果物)

第6

共同リポジトリに登録する成果物は、各機関において作成されたものであって、次に掲げる要件を満たすものとする。

 (1) 成果物の種別として以下のいずれかに該当するもの
  ① 登録しようとする者(以下「登録者」という。)が、単独又は他と共同で作成した成果物
  ② 各機関による成果物(各機関の発行物を含む。)
  ③ 各機関に関連する機関・団体・個人等による成果物であって、各機関の責任において登録し、公開することが適切であると認められる成果物
  ④ その他各機関が認めた成果物

 (2) 公開に当たって、各機関の規定上並びに法令上、社会通念上及び情報セキュリティ上問題が生じないもの

(登録及び公開)

第7

各機関は、登録者から提供された成果物について、著作権その他の登録及び公開に係る支障がないことを確認した上で共同リポジトリに登録及び公開するものとする。

2 各機関が登録する成果物については、当該成果物の著作者が責任を負うものとする。

(登録の削除)

第8

各機関は、自機関によって登録された成果物の一部又は全部を各機関の責任において削除することができる。

(利用条件)

第9

共同リポジトリに登録された成果物を利用しようとする者は、その利用に際して次に掲げる条件を遵守しなければならない。

 (1) 著作権法(昭和45年法律第48号)に定める条件
 (2) 利用しようとする成果物が、共同リポジトリで公開する以前に出版者等により出版・公表されている場合であって、投稿規程、出版契約等により当該出版者等が利用に係る条件を定めている場合は、その条件

(データ保全)

第10

共同リポジトリに登録する各機関は、電子化された成果物のオリジナルデータを自身で保全するものとし、データ保全の最終責任は各機関が負うものとする。

2 鹿児島大学附属図書館は、共同リポジトリに登録されたデータの保全に最大限努めるものとする。

(免責事項)

第11

各機関、大学地域コンソーシアム鹿児島及び地域共同リポジトリ事業部会は、共同リポジトリに登録された成果物を利用することによって発生した利用者のいかなる損害についても、一切責任を負わないものとする。

(その他)

第12

共同リポジトリに登録された成果物についての問い合わせには、当該成果物を登録した各機関が責任を持って対応するものとする。

2 本指針に定めるもののほか、必要な事項は別途定めるものとする。

附 則

この指針は、平成23年 9月26日から実施する。

別表(第2関係)

 鹿児島県地域共同リポジトリ参加機関(平成23年6月30日現在)

鹿児島大学
鹿児島国際大学
志學館大学
第一工業大学
鹿児島県立短期大学
鹿児島国際大学短期大学部
鹿児島工業高等専門学校

→PDF版はこちら


トップ   編集 凍結解除 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2011-09-30 (金) 15:18:25 (2001d)