DSpace
 

鹿児島県学術共同リポジトリ >
鹿児島大学 >
教育学部 >
教育学部・紀要論文 >

このアイテムの引用には次の識別子を使用してください: http://karn.lib.kagoshima-u.ac.jp/handle/123456789/19430

このアイテムのファイル:

http://ir.kagoshima-u.ac.jp/bitstream/10232/23260/2/人文・社会科学編_09.pdf



タイトル: 『ペリクリーズ』におけるマリーナの説教の背景をめぐって : VirginityとPuritanismの視点から
著者: 丹羽, 佐紀
ニワ, サキ
NIWA, Saki
Keywords: virginity
ピューリタニズム
劇場
貞節
カトリック
930.258939.
内容記述: 『ペリクリーズ』4幕2 場の売春宿の場面でマリーナが主張するのは、自らのvirginityが持つ絶対的価値と、それが簡単に失われる場所としての売春宿に対する嫌悪である。彼女が、次々と客を改心させてしまうことに対し、宿の女将は、このままでは全員「ピューリタンにされちまう」と嘆く。初期近代イングランドの観客にとって、「ピューリタン」という言葉の響きは、しばしば椰揄のニュアンスを含む。したがって、おそらくは笑いを誘ったであろう女将のこの台詞は、マリーナのvirginityに対する頑なさも、些か滑稽な行為と見える効果をもたらしている。そこで本稿では、売春宿におけるマリーナの説教を、『ペリクリーズ』上演当時のvirginityとピューリタンに対する概念との関係性において考察する。さらに劇全体の中でこの場面が、ペリクリーズの放浪やライシマカスの女性歴とどのように結びつくのかについても明らかにする。
公開者・出版者: 鹿児島大学
カゴシマ ダイガク
Kagoshima University
資源タイプ: 論文(Article)
text
Departmental Bulletin Paper
著者版フラグ: publisher
ISSN: 03896684
NCID: AN00408529
雑誌名: 鹿児島大学教育学部研究紀要. 人文・社会科学編=Bulletin of the Faculty of Education, Kagoshima University. Cultural and social science
巻: 66
開始ページ: 119
終了ページ: 129
URI: http://karn.lib.kagoshima-u.ac.jp/handle/123456789/19430
出現コレクション:教育学部・紀要論文

 

このリポジトリに保管されているアイテムはすべて著作権により保護されています。

 

Copyright (c) Kagoshima Academic Repository Network
Powered by DSpace