DSpace
 

鹿児島県学術共同リポジトリ >
鹿児島大学 >
教育学部 >
教育学部・紀要論文 >

このアイテムの引用には次の識別子を使用してください: http://karn.lib.kagoshima-u.ac.jp/handle/123456789/19427

このアイテムのファイル:

http://ir.kagoshima-u.ac.jp/bitstream/10232/23242/2/人文・社会科学編_06.pdf



タイトル: 術から文化へ:元米国大統領グラントの演武鑑賞と柔術
著者: 中嶋, 哲也
ナカジマテツヤ
NAKAJIMA, Tetsuya
Keywords: グラント
渋沢栄一
嘉納治五郎
柔術
天覧
789.2
内容記述: 本研究は、明治期に柔術が文化として再発見されていく過程について考察するものである。研究対象として、明治12(1879)年8月5日と25日に行われた2つの演武に注目した。この2つの演武には元米国大統領であったユリシーズ・グラントが鑑賞しにきていたためである。本論では、グラントが武術のどこに興味関心を抱いたのかを検討した。結果として、次の3つの知見が得られた。一つ目に、グラントは武術に関して伝統的側面に興味を持つような発言をしなかったことである。二つ目に、8月25日の演武は天覧であったが、当演武の直後、新聞等で武術の価値を見直すことが主張された。天覧演武は武術総体が伝統・文化として再発見されるきっかけの一つになったといえよう。三つ目に、8月5日の演武においてグラントはあらゆる武術のうち、特に柔術に興味を示していた。このことは、柔術が西洋の人々の目に興味深く映る、とその場に居合わせた日本人に印象付けたものと考えられる。
公開者・出版者: 鹿児島大学
カゴシマ ダイガク
Kagoshima University
資源タイプ: 論文(Article)
text
Departmental Bulletin Paper
著者版フラグ: publisher
ISSN: 03896684
NCID: AN00408529
雑誌名: 鹿児島大学教育学部研究紀要. 人文・社会科学編=Bulletin of the Faculty of Education, Kagoshima University. Cultural and social science
巻: 66
開始ページ: 77
終了ページ: 92
URI: http://karn.lib.kagoshima-u.ac.jp/handle/123456789/19427
出現コレクション:教育学部・紀要論文

 

このリポジトリに保管されているアイテムはすべて著作権により保護されています。

 

Copyright (c) Kagoshima Academic Repository Network
Powered by DSpace